FC2ブログ

STUDIO BAU 研究日誌

現代美術作家、上根拓馬のBLOGです。 制作日誌や展覧会情報などをUPしていきます。

ART FAIR PHILIPPINES 2019

2014-858.gif


いよいよ今年最初に参加するアートフェアがはじまります。

フィリピンで行われるアートフェアです。

僕は行くわけではなく、扱ってくれているSHUKADO CONTENPORARYさん任せではありますが…

東南アジアでどう見られるのか、ドキドキですがとても楽しみです。

https://artfairphilippines.com/

https://www.facebook.com/artfairph

https://shukado.com/exhibition/



展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0 |

スリットアニメーション

2014-857.gif

Los Angeles で今回唯一観光した『The J.Paul Getty Museum』で買ったポストカード。

馬の全身骨格が動くスリットアニメーションのポストカードです。

この手のギミックもの大好きなもので。

一時、動くペインティング造りにチャレンジしていたことを思い出しました。

スキャンしたら意外と面白く撮れたので…。



趣味 | コメント:0 | トラックバック:0 |

SHUKADO CONTEMPORARY

去年から色々と動いてはいたのですが、正式にアップしていただいたので紹介しておきます。

2014-856.gif


銀座にある秋華洞ギャラリーは海外のアートフェア等に向けての動きとして『SHUKADO CONTEMPORARY』を立ち上げておられます。

その1人として加えてもらいました。

僕はアートフェアへの参加がメインとなると思います。

第1弾として『ART FAIR PHILIPPINES 2019』に参加させていただきます。

https://shukado.com/

展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ジャパンファウンデーションLA オープニング

2日間の設営を経て、本日オープニングの日になりました。

00002723.gif

19:00~のスタートのためあたりはすっかり真っ暗ですが、看板がデデーンとお出迎え。

00002725.gif

改めて、展示作品をゆっくり見ました。

データ収集のためお客さんが来る前に写真撮影です。

00002740.gif

カタログや、僕が持ち込んだポストカードなどなどオープニング来ていただくお客さんへの配布物も置いてきます。

00002748.gif

ゆっくり作品眺めようかと考えていたら、早々とお客さんが入ってきちゃいます。

一気にお客さんで会場が埋まり始めました。

00002755.gif

カウントしていただいていたのですが、80名ほどのお客さんが詰め寄せました。

僕の英語じゃない挨拶からスタートし、キュレーターの方とともにトークをさせていただきました。

ものすごく熱心に見て聞いてくれる方々ばかりで日本と違うグイグイ感に少しばかり圧倒されてしまいました。

思った以上に女性の方々にも受け入れられたのが嬉しかったです。

ここで英語でサラサラと喋れたらどんなによかったことかと、自分の英語力のなさに笑ってしまうほどでした。

LACMAやジャパンハウス等の様々なキュレーターの方とお会いできたのはかなり収穫でした。

ここから先なんか面白いことがおきればいいなと、夢見心地でオープニング終了となりました。

本当に今回は様々な人の協力のもと展覧会がスタートできたことを幸せに思っています。


https://www.jflalc.org/ac-exhibit26-kamine


展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ジャパンファウンデーションLA 設営2日目

設営の2日目です。

00002642.gif

壁のペンキが乾いたので、作品配置の場所をマイケルさんと決めていきます。

マイケルさん本日はLACMAの仕事の合間を縫ってきてもらっているため、配置相談までです。

00002655.gif

一発勝負のシール貼りの作業です。

メインピクチャーとなるシールが一番気を使います。

黒壁を作品の中に融合するためにも、必要な一作業です。

00002660.gif

みんなで相談の結果、テキストシールは展示台に貼りこみこれまた作品と融合を図ります。

この作業気に入ってくれたようなので、全面的に皆さんにお任せです。

00002656.gif

壁反対側の8大明王が並ぶゾーンのシールの位置決めもしていきます。

マイケルさんの発案で光背のポジションと新規に不動明王用の台も作ってもらいました。

今回主観的になりすぎる自身だけの展示より、キュレーションの方の意見を取り入れながらのバランス取りにより引き締まる視点になっていっていると思います。

00002661.gif

メインタイトルの文字入れもお願いしました。

僕のミスで、つづりの一字が抜けており、急遽一文字分シールをスタッフの方に余ったシールの破片から切り出してもらいました。

00002670.gif

ブラック&ゴールドの導入部分、かなり品が出てきていい感じになりました。

これもマイケルさんの発案で打ち合わせでゴールドシールになったおかげです。

プロフィール等も白黒逆転の出力プレートでいい融合感。

00002664.gif

8大明王側の完成です。

新規に作ってもらった不動明王の台のおかげで引き締まりました。

こちらもゴールドテキストと光背のシールにより壁を作品側に融合化しています。

00002666.gif

メインの5大明王側は防犯の都合上、透明のケースに入りますが貫通して火炎の背景と立体が作用するようにしています。

展示台はLACMAで実際に使われていた台というのもちょっとしたウリですかな。

設営完了しました、今回はかなり全員で作り上げた展示になったと思います。

みんなさん一人一人が自分の展覧会だという気持ちになってくれていたら、僕としても幸せですな。


https://www.jflalc.org/ac-exhibit26-kamine


展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ジャパンファウンデーションLA 設営1日目

さて、本日からJF LA(ジャパンファウンデーションLA)で設営作業開始です。

想像以上にカッコイイビルでおしゃれな感じです。

01.gif

作品を検品してみたところ結構危ないかなと思っていた部分が外れてしまっていました。

さすが新規に制作した一点だけはパーフェクトに無傷でした。

旧作と新作で内部構造が違います、やはり新しい手法のほうがいいようです。

02.gif

別室のホールを使わせていただき、修復作業に入ります。

ついでに、一日かけて塗装の細部気に入らなかった部分も加筆しておきました。

今回色々といつもの有機溶剤系の塗料や強力な接着剤等持ち込みました。

税関でもしかすると没収されるかもと考えていましたが、少量だったためか大丈夫だったようです。

これらがないとお手上げになってしまうのでほんとによかった。

03.gif

ギャラリースペースではインスタレーションの要となる壁のセッティングをスタッフや業者の方々が頑張ってくれました。

打ち合わせの段階で色々と意見があり、ないほうがいいという意見もありましたがセッティングしてみて皆さん納得していただいたようです。

04.gif

黒壁の反対にはドローイングのゾーンを作っていきます。

今回はみんなで会場を創っていきたかったため、僕のほうであんまり口を出さずキュレーターの方々とスタッフの方々全員でセッティングを決めていっています。

05.gif

作品と同じくキーとなるテキストキャプションシールを壁に貼っていきます。

お手本を見せてからやってもらうと、シートをはがしてテキストだけが浮かび上がるのが快感だったようで皆さん夢中で作業してくれました。

壁の塗装が乾かないのと、立体修復の塗料乾燥のため本日は終了、明日また続きをしていきます。

思っていた以上に会場が素敵なため、予想ではかなり良くなると思います。

観光よりも作業していたほうがやっぱり楽しいです。

https://www.jflalc.org/ac-exhibit26-kamine

展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0 |

金色の…

2014-855.gif

インスタレーション最後のワンピースができました。

金色に輝く火炎のシールです。

後は会場合わせなので、しっくりくるかどうかは運しだいというところでしょうか。

この感じで出力貼りこみで、大きさもテクスチゃーも自在と考えると平面作品としても可能かな…。

シールのインスタレーションは残すことが不可能なため一期一会ですが…。

作品以外のインスタレーションパーツもアメリカサイドで発注をかけてくれています、もうすぐ全てが集結します…ドキドキです。



制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ちまちまちまちまちま…

作品はLAに飛んできましたが、まだまだ細かいものが必要です。

2014-854.gif

追加、追加で忘れていたことなども一気にやっていきます。

今回キュレイターの方々と相談してキャプションシールをカッコよく配置していきましょうということになりました。

切り文字は僕のほうで制作するほうが早いのでチマチマ切り抜いています(といってもメカがやってくれるのですが…)

ゴールドの文字は初めてです!アメリカでは少しやりすぎなくらいがしっくりいくようですな。

2014-853.gif

使うかどうかは不明ですが、追加の展示ベースもつくってきます。

完成品は結構値段するので、丸板を購入しトリマーで装飾処理。

ステインを何回か染み込ませてからのオイルフィニッシュでかなりの高級感。

この手間隙がそそられます。


今回の展示はしっかりカタログも作ってもらえるため、画像データとテキストも送ってきます。

んー…、まだまだ忘れ物があるようなないような…。

制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

EMS配送

少し早いのですが、LA展示のための作品群最後の1箱を送ります。

2014-852.gif

今回は全部で、最大サイズのトランクケースと同じ大きさの箱が3箱分です。

先に2箱は到着しておりますが、一番重い(といっても8kgですが…)のをEMSで送ります。

外国はいろいろと荒いので、対衝撃は万全にしないといけません。

今回はさらに進化した対衝撃用梱包になっています。

前回、FRAGILEテープ貼るの忘れていて色々あっただけに…忘れないように…。

毎回実験に近いのですが、税関であけられた際に壊されないように梱包するにはどうすればよいか試してます。

うーん、さすがに今回ので正解だといいなー。

壊れませんように祈りながらですな…。



制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

2018ラスト制作…

2014-850.gif

2018年もわずかとなりました。

今年もギリギリというか年越しても制作です。

立体作品の撮影と画像加工を延々と繰り返して行っております。

大晦日にやっていたことが1年間することになるというのはホントですな。

今年はありがたくもほぼ一年間を通してフルに制作・展示三昧に過ごすことができました。(日本からはみ出しはじめちゃったし…)

いろいろなお声がけをいただき、来年も夏までは予定が埋まりました。(いやーありがたい!!)

今年のノリノリでいければ少しづつですが知名度も上がっていくのではないでしょうか。(そうなってほしいなー…)

今年は年齢が大台に乗るということでかねてよりの計画を推し進めまして(ちと、焦り気味でしたが)、まあおおむねうまくいったように思います。

技術力・感覚ともに少しづつではありますが上の段階に進め始めているように思います。

ここから先はとにかく動かないとチャンスを掴み取ることができにくくなる年齢に入ります。

が、焦らず・計画的に・楽しく制作・展示三昧な人生を開拓していこうと考えています。

ドキドキ物ですが…。



制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ロウ付けチャレンジ!!

来年しょっぱなの個展用の立体作品が大詰めにきました。

装飾品(メタル)の加工に入っています。

2014-848.gif

人に頼んでばかりでもいけないかなと考えて、自力で技術を磨きながら試行錯誤中です。

接着剤ではなく、ハンダではありますがロウ付けを試しています。

ハンダをあまりはみださずにつけるのがなかなかに難しい。

真鍮のパーツのためハンダの銀色をあまり見せたくないので何回もやり直しながら少しづつです。

2014-849.gif

うまいこといったものは、やはり接着剤よりも強く固定しているようです。

隙間にシュッと流れ込んではみ出さずにパキット固定できた瞬間はなかなかの快感ですな。

杖などの持物も自分なりにはうまいこと固定できました。

うーむ…一人でできるな ! これは。

もっと複雑なものもチャレンジしてみよう。


制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ふんずけ…邪鬼

LAでの展示はあるシリーズの展開となります。

2014-847.gif


新旧作、入り乱れての構成ですが、よくよく考えたら国が違えばすべて新作としての扱いですね。

今まで作った中で一番の力作シリーズを展示する予定です。

そのシリーズの一部がかけてしまっているため、新作として作品を制作中です。

邪鬼がふんずけられている状態…。



制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

久々の銀座ドライブ…。


2014-845.gif

ギャラリーさんにアートフェアー用の作品群の納品に行ってきました。

2014-846.gif

なかなかのいい天気で、つつがなく銀座へと搬入でした。

2014-844.gif

最近、都心に車での搬入をしていなかったので若干道忘れとりましたが、いろんなところの道路工事が終わっており結構走りやすかったなー。

平日ではないのでそんなに渋滞もなく、ドライブがてらに東京のど真ん中を能天気に走っとりました。

年内の作品搬入はこれで終了です。

新年に向けて新たな気持ちで制作を開始します。


制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

フィリピンアートフェアへ向けて…。

2014-843.gif

年始からの海外展開の第一弾としてのフィリピンでのアートフェアの作品群がようやく完成しました。

船での輸送という関係で、かなり前倒しの作品制作でカツカツでしたが何とかなるものです。

ありがたくもほぼ個展に近い形での演出をとってもらえるため、それ相応の結構な物量です。

2014-842.gif

箱も自作の特注品。

作れば安いということもありますが、ぴったり入ったときの感動のために作っているようなものです。

あとはドローイング、額も自作ですがそれが完成すればひと段落です。

すぐに水面下で進めている(キュレーター様たちにやってもらってばかりですが…)LAの展示の準備も一気に終わらせていきます。

今年も年末テンション上げアゲですなー…。



制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ちょい、まとめていきましょうか…

2014-841.gif

しばらく、作品に対して具体的なコンセプトとステートメントを説明する表現をしていませんでした。

来年度からの世界展開(そんなに大それた範囲ではないですが…)にむけてテキスト、作品を説明するための核となるものをちゃんと作ろうということになりました。(現在関わっているプロジェクトすべてに必要とのことで。)

特にLAにおいてはLACMAのキュレーターやインディペンデントキュレーターの方々に文章を書いてもらうために絶対に必要です。

細かいニュアンスのコンセプトを欧米の方に感じとっていただくためにあれやこれや準備しないといけません。
(日本人には当たり前の感覚だとしても、欧米の方々にはわかりえない感覚はテキスト化するしかない!)

仏像からのインスピレーション・現代性・日本におけるサブカルチャー的なものとの融合化についてきちんと見ていただきたいためにどういう言葉が必要なのだろうか…?

数日さ迷いますがカタチにしていきたいと思います。




制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>