STUDIO BAU 研究日誌

現代美術作家、上根拓馬のBLOGです。 制作日誌や展覧会情報などをUPしていきます。

ちまちまちまちま…

久々に原型リニューアルです。

中サイズフィギュア用のパーツ原型、特に手の形のバリエーションが不足してきたため新しく作ります。

2014-767.gif


実はこれが一番大変な作業…樹脂の塊から一発削りだしで作るのでめちゃめちゃ集中力が要ります。

細かいのでもっている手が腱鞘炎みたくなってきます。

一日かけて3パターン、左右対で…完成しました。

後は型取りをして複製していきます。

手と肩がバキバキですなー。


来年、再来年の計画があわただしく進み始めました…今年からなんだかんだで制作に追われる2年になりそう。

準備は早め早めに…。



制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

心機一転、春制作!!

だいぶ、春らしくなってまいりまして制作が進む季節となってまいりました。(気温が気持ちいい!!)

2014-764.gif

急遽ですが、中サイズフィギュアを2体ほど同時制作中です。

座っているのは夏に行う京都での個展用の作品となります。

勝手になのですが、三十三間堂の千手観音群が国宝指定になったということでそのことについてリスペクトも込めて千手観音のフィギュアとなります。

立っているのは(大分バランスとるのがこなれてきました)来年以降の動きとして現実味を帯び始めた海外・アジア圏における展開がありまして、そのためのプレゼン用の作品となります。

プレゼンまでに何とか間に合わして、今現在の自分のレベルを見てもらいたいと考えています。

いろいろとプロジェクトが進み始めたので、自分としても一安心…新作をどんどんと制作していきたいなぁ。



制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

New Project 2018/4

4月より大幅に制作時間が取れる身の上になり(フリーターとも言う…)

少し休息できるのかと思いきや、様々なプロジェクトが進行し始めたため結局バタバタです。

2014-763.gif


目下、緊急で入った個展、夏の京都へGO!へ向けて制作を急ピッチで進めていきます。

面白いコンセプトで一つ個展してみましょうということになりました。(まとめきれていないため、コンセプトはまた後日)

まずは中サイズ立体2体の同時制作とドローイング、うん十枚描きはじめました。

目指すはドローイング主体となる展覧会です。

他のプロジェクトは可能性が出てきたという段階のため、まだ少し書けません…。

あぁぁぁぁ…楽しみだなー、やっぱり忙しくなると生きてる気がする…。



制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

NEW concept

次回に向けて制作をスタートしはじめました。

2014-761.gif

新たなコンセプトによる作品を制作していく予定です。

2014-762.gif

大きく分けて3種類のコンセプトによる作品となります。

目指すは…運慶のクオリティ…。



制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Japonica Buddha 終了

2014-760.gif

24日をもってLAでの展示が終了しました。

バタバタの一月で様々な経験ができ、いろいろと成長?できたと思います。

日本以外での展示のありようや、LAのアート事情等が知れたのはやはり大きな財産となると思います。

自身の問題点・改良点も少しわかったようにも思います。

ここから何かにつながればいいなと期待もしつつ、次に向かって活動を進めて行きたいと思います。



展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0 |

LA 展示・プレゼン滞在記12日目

振り返り滞在日誌のラストです。 実際には2月12日のこととなります。


taizai12-1.jpg

本日はLA滞在最終日となりました。

事前に連絡取れたアメリカに詳しい方々や現地で知り合えたアーティストさんやキュレーターさんたちに教えていただいたギャラリー・美術館は大方回ってみました。

taizai12-2.jpg

最後は街の感じを目に焼き付けておこうと思い、プラプラとして一日を過ごしてみました。

taizai12-3.jpg

taizai12-4.jpg

街のいたるところのディテールがやはり新鮮で、見ていて飽きないなーというのが感想です。

taizai12-5.jpg

信号一つとってみてもやはり日本と違う、車社会であるが故の大きさや、意外と歩行者に優しい運転の人ばかりである(めゃくちゃ怖そうな兄ちゃんも絶対に待ってくれて、遅い人にもクラクションは鳴らさない)

taizai12-6.jpg

taizai12-7.jpg

taizai12-8.jpg

taizai12-9.jpg

場所によって本当に同じ人間かというほどの差を見せつけられ、一概にアメリカ人とはくくれない多種多様さを感じました。


今回、現地で頑張っておられるアーティストさんたちの生の声が聞けたのがほんとによかった。

物価・スタジオ家賃の高さは日本以上。マイノリティであるが故の苦労も様々な面であるのでしょうが、とても元気に活動している姿を見せていただき自分もさらにがんばらないととなんだか、ぐあぁぁぁーときました。

自分自身としては展示・プレゼンをLAでしてみて今回協力していただいた方々の期待に応えられたかどうかは微妙ですが、様々な日本では感じ取れない問題点(主にスケール感に対するアプローチ)が分かったことは大変有意義だったと思います。
強力なコネクションへと発展する可能性を秘めた出会いがいくつかあったことも感謝のしようがありません。

taizai12-13.jpg

taizai12-14.jpg

もっともっといろいろ勉強して・制作して・プレゼンして…
帰ったらこの成果を形にするために動いていきましょうか。

taizai12-15.jpg

明日帰国しまっせー!!



展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0 |

LA 展示・プレゼン滞在記11日目

振り返り滞在日誌の11日目です。 実際には2月10日のこととなります。


taizai11-1.jpg

昨日は珍しく曇りで肌寒かったのですが、本日はまたまた快晴。
気温もぐんぐん上ってきて日本の感覚でいけば夏前ってとこでしょうか。

taizai11-6.jpg

美術館は満足いったかなと思い、最も制作の資料になるであろう博物館へと足を運びます。

taizai11-2.jpg

La Brea Tar Pits & Museumへと行ってみます。

taizai11-3.jpg

その名の通り敷地にはでっかいタールの池があります。

taizai11-4.jpg

太古からいまだに地下からアスファルトが湧き出ている池で、眺めていてるだけでもボコンボコンと…。
すごいアスファルト臭でした(いろんなハリウッド映画に使われていたような)

taizai11-8.jpg

taizai11-9.jpg

taizai11-10.jpg

博物館内にはこのタールピッツから発見された化石、マンモスやサーベールタイガーなどが展示されています。

taizai11-7.jpg

タールを触ってみようコーナーではタールのネルネルネルネができます(凄まじい粘度でこねれない…)。

taizai11-5.jpg

外には何気なくドナルド・ジャッドの野外彫刻がありました。

taizai11-11.jpg

博物館つながりで、一度行きましたが再びのロサンゼルス自然史博物館へ。
圧倒的な数の展示物にもう一度もまれてきました。

taizai11-12.jpg

taizai11-13.jpg

taizai11-14.jpg

やはり鉱石のコーナーがそそられます。奥の金庫風展示室にはグリーンダイヤモンドの特別展示など加工された宝石も見れますが、やはり原石の荒々しさとパワフルさにはかなわないなという気がしました。

taizai11-15.jpg

taizai11-16.jpg

taizai11-17.jpg

なんで自然はこんなにも面白い造形物を創るのだろうかと感激してしまいます。
長久のクオリティまで、自分の作品がいつか到達できるのだろうかと考えるだけでやってやろうではないかと昂らせてもらいました。

taizai11-18.jpg

しかし、アメリカにおけるコレクションという概念は日本のものとはスケール感が違いすぎてただただ感動のしっぱなしです。

良くも悪くも、すごい国だなー…アメリカ。



展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0 |

LA 展示・プレゼン滞在記10日目

振り返り滞在日誌の10日目です。 実際には2月9日のこととなります。


大分いろいろと見て回ってきたので、少し遠出してみようかなということでビバリーヒルズへと行ってみました。

taizai10-1.jpg

何気に地図を見ているとGagosian Galleryがあるのを発見しました。
あぁぁ…ここにあるのかー、個人的に最も憧れているのGalleryの一つです。これは絶対に行っておかないといけません。

taizai10-2.jpg

ギャラリー内はめちゃくちゃ広い…広すぎます…。そしてすさまじくセンスがいい!
そりゃあ、ハーストのサメも軽く展示できるよなーと…。

taizai10-3.jpg

taizai10-4.jpg

taizai10-7.jpg

taizai10-8.jpg

しかし、お金持ち地帯ビバリーヒルズ。ダウンタウンのギスギスさは一切感じられないバブリーさです。
どうせならとハリウッドまで3時間ほど歩いてみました。

taizai10-5.jpg

taizai10-6.jpg

途中、ビバリーヒルズパークという公園にまたまた個人的に注目しているJAUME PLENSAのメタルアルファベットスカルプチャーがドカンと置いてありました。やはりこの人のはいい!
目の前には草間弥生のオブジェもあります。

taizai10-9.jpg

ビバリーヒルズを越えると三つ目のMOCAであるMOCA PDC(Pacific Design Center)がありました。
ここは他の二つと違いデザイン的な視点からのアートとはというような感覚の展示となっていました。

taizai10-10.jpg

taizai10-11.jpg

さらに、ずっと歩いていくとついにハリウッドに到着!!

taizai10-12.jpg

taizai10-13.jpg

ピンポイントに異常に人でごった返しておりました。
あまり観光的なところに入りたくないので、チャイニーズシアターだけ見て帰還しました。

taizai10-14.jpg

taizai10-15.jpg

夜はアートレイツ関係で知り合ったNaoshiさんにお誘いいただいて、ともにダウンタウンで頑張ってらっしゃるmaeda yuさんという方の展示のオープニングに連れて行ってもらいました。日本的なオブジェを再構築した細かいペインティングの作品で色使いがLAらしくていいなーと興味深く鑑賞してきました。
ただ、このGalleryの周りは結構危ないゾーンらしくあまり遅くならないようにとドキドキものでした。(少し道路外れると危険地帯)

いろんな人と出会えてほんとに今回はエキサイティングです。
滞在期間も残り少なくなってきました、さらなる刺激をもらいにいきたいと思います。



展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0 |

LA 展示・プレゼン滞在記9日目

振り返り滞在日誌の9日目です。 実際には2月8日のこととなります。


本日は、リトルトーキョーあたりを攻めてみたいと思います。

taizai9-1.jpg

ここにも美術館がいくつかあります。
その一つであるMOCA geffen(昨日行ったMOCA grandとMOCA PDCと合わせMOCAは三つあります。)へと行ってみました。
仮設感がいなめない会場ではありますが、そこの場所を生かしたパワフルな展示が行われていました。

taizai9-2.jpg

毎回そうなのかは不明ですが、かなり広い会場を一人の作家の一作品のみで構成するという贅沢仕様でした。

taizai9-3.jpg

taizai9-4.jpg

見れたのはAdrián Villar Rojasというアルゼンチンの作家さんによる『The Theater of Disappearance』というexhibitionでした。
日差しの強い屋外から入ると会場真っ暗なため一瞬何も見えませんが徐々に全貌が…。

taizai9-5.jpg

泥や日用品や岩など様々なものが練りこまれて切り出されたような最大4mほどはありそうな石壁やゴロゴロと転がる岩。

taizai9-6.jpg

その合間合間に冷蔵ケースに入れられて発光するオブジェ群。中には人骨から肉のフリーズドライ,植物,義足や機械のパーツなどなど。

taizai9-7.jpg

taizai9-8.jpg

異様な光景ではあるのですが、じっくりと見ていると少しづつ詩が聞こえてきそうななにやら心地よい間・静寂を感じ取ることができました。同世代による共通意識か、日本人好みの一種禅に通じる間なのかわかりませんが個人的にものすごく共感してしまいました。
LAの展覧会イメージは少しガチャガチャした感覚のイメージでしたが、こういう展示も見れるんだと感動してしまいました。

taizai9-9.jpg

隣にはJapanese American National Museumがあります。
『トランスパシフィック・ボーダーランド』というのがやっていました。他民族都市LAにおいて日系の方々がどのような位置にあるのかということを日系の作家の紹介とともに見せていくexhibitionでした。こちらに来て、コンタクトの取れた入江一郎さんという作家さんの作品を二点ほど見ることができました。

taizai9-10.jpg

taizai9-11.jpg

taizai9-12.jpg

それにしても、リトルトーキョー…いろいろとヘンテコ日本を体感できて、ネタが尽きない場所です!!
展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0 |

LA 展示・プレゼン滞在記8日目

振り返り滞在日誌の8日目です。 実際には2月7日のこととなります。


本日は、歩いてどこまでいけるかなと実験です。

taizai8-1.jpg

先日行ったロサンゼルス公共図書館を越えてさらに奥へと歩いてみました。
途中、映画か何かの撮影しているみたいでひとブロック通行止め、エキストラであろう群衆が逃げてはリテイクみたいになっとりました。

taizai8-2.jpg

taizai8-3.jpg

さらに進むと独特な建物のBroad Museumが見えてきました。
事前に聞いていた通り行列しており中に入りませんでしたが、平日でこれなのかーとビックリしました。

taizai8-4.jpg

道路を挟んで正面にはMOCA(ロサンゼルス現代美術館)があります。建築は磯崎新、これまた独特の建物です(LAの建築に対する自由さ寛容さもとても心地よい)。

taizai8-5.jpg

taizai8-6.jpg

コンスタントに展示替えが行われているらしく内装のきれいさもありスタイリッシュな展示空間となっていました。
個人的にロスコー絵画だけは壁が白すぎてせっかくの赤が感じ取れなくなってる気がしました。
ここもそうですが、LAの美術館ではかなりの数のジョゼフ・コーネルの作品が見れるのがうれしい。
MOCAの展示作品は適度な数なので見やすかったです。

taizai8-7.jpg

道路を挟んで少し先にはウォルト・ディズニー・コンサートホールがあります。フランク・ゲーリー建築の銀に輝くホールは一見の価値ありです。

taizai8-8.jpg

夜はもう一度来てくれと言われていたJason Vass galleryにお邪魔しアートについていろいろと聞いてきました。(オーナーのマシンガントークと博識さには仰天でした)

taizai8-9.jpg

taizai8-10.jpg

オーナーさんに誘われて、ビーガン料理がおいしいCafe Gratitudeというお店に連れて行ってもらいました。
僕の解釈ですが、いわゆる精進料理というのかな?オーナーさんの話からも、健康志向のアメリカ人は増えているとのこと。
味気ないのかなと思いきやかなりおいしかった。このお店は店がテーマに沿った質問を投げかけてくるので答えないといけないとのことでした。
はやりのIPA(インディアン・ペール・エール)を飲ませていただきほろ酔いになってしまいました。

taizai8-11.jpg

さてさて、明日もどこかに刺激をもらいに行きたいと思います。



展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0 |

LA 展示・プレゼン滞在記7日目

振り返り滞在日誌の7日目です。 実際には2月6日のこととなります。


本日は、近場をうろうろしてみようかなということで午前から街をストリートウォッチングです。

taizai7-3.jpg

街中は絶対に日本では見れないものでいっぱいでエキサイティングです。

taizai7-1.jpg

歩いているとひときはでっかい建物が…
LOS ANGELES CENTRAL LIBRARY(ロサンゼルス公共図書館)でした。

taizai7-2.jpg

taizai7-3.jpg

taizai7-5.jpg

見たことのない巨大さの図書館で、調べてみると世界的にも最大級のようで空間が広すぎで迷子になりそうでした。
知の宮殿よろしく、文字に関した様々なアートスティックなものが盛りだくさんでここも一日いても足りないところでした。

taizai7-8.jpg

taizai7-9.jpg

蔵書数600万冊というあり得ないスケール感。
アート本や音楽のスコアだけでひと区画あったりとスペースが広すぎです。

机とイスもとんでもない量用意されているので、ほんと一人の世界に没頭できそうでした。

taizai7-7.jpg

taizai7-10.jpg

館内には本気のギャラリーまであり、ブラックマイノリティーの展示をしていました。

taizai7-11.jpg

夜は二日目にギャラリー案内をしていただいた、LAからNYにかけて活動してらっしゃるアーティストの森山さんの案内でターキーバーガーが名物の「Urth Café」へ連れて行ってもらいました。ここはオーガニック食材でつくられたサンドウィッチやバーガーなどなどあり、あまりにおいしくて丸山茂樹が店を買ってしまったらしいです。ターキーバーガーはアメリカンサイズで巨大でしたがおいしかった!!
うーん、今のところ米、恋しくもならないのは食事合ってるのかなー!!



展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0 |

LA 展示・プレゼン滞在記6日目

振り返り滞在日誌の6日目です。 実際には2月5日のこととなります。


taizai6-1.jpg

本日はもう一度、初日に思いがけずJapan pavilionのキュレーターの方とお会いできたLACMA(ロサンゼルス・カウンティ美術館)へと行ってきました。

taizai6-2.jpg

今回は展示を隅々まで鑑賞するためです。

taizai6-3.jpg

大きく分けて7つの建物からなっており、西海岸最大のコレクション数(14万点ほど)をほこります。

taizai6-10.jpg

もともとは美術館を望む市民の寄付からスタートしたようで美術館のメインの壁には寄付者の名前がすべて入っています。(日本にもこの文化が根ずくともっと鑑賞者が参加するという意識が芽生えるのではないかなー?)
数館は展示替え等で入れませんでしたが、すさまじいコレクション数なのには圧倒されました。
キュレーターの方々から聞いた話によると、現在の館長が現代というものの提示を推し進めているため、ほとんどの展示のキュレーションを最終的には現代美術に繋げて見せるということ。そのためにすごく苦労してキュレーションをしていると言っていました。
鑑賞する側としてはそのおかげか古臭くなくエキサイティングな展示として読み解くことができるなと感じました。

taizai6-5.jpg

taizai6-6.jpg

野外作品としては一度は下を通っておかないとという岩を通路にのせたマイケル・ハイザーの『Levitated Mass』や昔使われていた街灯を集めたクリス・バーデンの『Urban Light』などなど一作品のためにここまで敷地をとるかというようなビックスケールの作品も見れました。

taizai6-7.jpg

taizai6-8.jpg

taizai6-9.jpg

taizai6-11.jpg

やはりここもすべての館が見れたとしたら絶対に一日で全てを見るのは無理だなと思います。

taizai6-12.jpg

夜はBlack Angus Steakhouseに連れてってもらいました。
さすが肉社会、やはりステーキは食べておかないと!!もっと大雑把な味とかなのかなと思っていましたが想像を超えるおいしさ。LAに来たらここは食べたほうがいいと思いますよ。

さてさて、明日も刺激をいただきますわ!
展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0 |

LA 展示・プレゼン滞在記5日目

振り返り滞在日誌の5日目です。 実際には2月4日のこととなります。


展示スタートしてしまえば、少し落ち着いてしまいました。
ここから先は刺激をいただける場所へ行くのといろいろなリサーチに回っていきたいと思います。
LAに来てからはレンタカーをと思っていましたが…やはりベリーデンジャラスのためUBERというもので移動をしています。
これは日本ではまだ試験運用中なためほぼ使えませんが、いわゆる白タク…ですがとても便利です。
スマホで行先指定すると目の前までタクシーが来てくれます。
支払いは距離に対して完全固定の金額で増えるということはない、だいたい相場で二人以上乗れば場所によっては公共交通機関を下回ります。トラブルもなく車も三年以内のものと決まっているためすごくきれい。さすが車社会!!怖い人とも遭遇しなくてよいのでみんなウィンウィンですなー!!

taizai5-1.jpg

さて、念願のゲティ美術館へと行ってまいりました。

taizai5-2.jpg

taizai5-3.jpg

taizai5-4.jpg

アメリカ伝説のお金持ちさんJ.ポールゲティが創設した美術館です。

taizai5-8.jpg

taizai5-9.jpg

コレクション数、設備の充実さ、ゴミ一つ雑草一本生えていない徹底管理とセキュリティですが…入場無料です!!
うーん、日本の美術館もこうはならないかなー。

taizai5-6.jpg

リチャード・マイヤー建築の建物はすべてがグレイトでした。
コレクションとしては現代美術というよりは18世紀以降の絵画と、ルネッサンス期の彫刻等が見られます。

taizai5-7.jpg

建物越しに見るターコイズブルーの空(ほんとに真冬か?28度いったぞー!!)、庭園のコントラスト、ゆったり見れるほど良い感覚で配
置されたコレクションすべてが感動のしっぱなしでした。

taizai5-10.jpg

taizai5-11.jpg

taizai5-12.jpg

taizai5-13.jpg

夜までいれば遠くに臨むLAダウンタウンの夜景がさらに美しいらしいです。

taizai5-14.jpg

taizai5-15.jpg

taizai5-16.jpg

一日いましたが、全然足りないくらいの充実っぷりでした。
うーん、なんとかまたこようかな。
制作の刺激になりすぎです。


制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

LA 展示・プレゼン滞在記4日目

振り返り滞在日誌の4日目です。 実際には2月3日のこととなります。


本日は展示オープニングの日ですが、時間があるため少しまた、刺激をうけに行きました。

taizai4-1.jpg

taizai4-2.jpg

taizai4-3.jpg

ロサンゼルス自然史博物館へ。
すごい数の骨格標本や展示物、子供の学習プログラム的なもの。これは一日いても飽きまへんなー。特に鉱物のコレクションは圧倒的なものがあり、もう一日来ないとじっくりは見れまへん…すごいなー。

taizai4-4.jpg

オープニングまで時間があるので、晩御飯を買いに行くということで、近くのWhole Foods Marketという場所へ。
オーガニック系のちょいいい食材と、オリジン弁当系のシステムのお惣菜やの超ビックスケールというところでしょうか。
アメリカの食べ物に期待するなと言われとりましたが今のところ想像以上のおいしさです。

taizai4-5.jpg

taizai4-6.jpg

さてさて、オープニングスタートです。
場所はまあ、事前に覚悟していた感じのことろでしたが作品展示自体は皆さんの協力のもといい感じに。
なかなかのアンダーグラウンド感で精気を吸われつくした感じですが、早速購入していただいた方々や熱心にこちらのつたない言語能力に付き合ってくれた方々を見ていても鑑賞するという土壌は圧倒的に日本よりも浸透しているということは感じ取れました。この平和感の人々(博物館にいたちょっと遊んだ子供連れの親子等々)と外で銃ぶっ放している連中との違いは何なのだろうと思いました。

taizai4-7.jpg

あと、プレゼンに行ったギャラリーのオーナーが来てくれました。
これは、うれしかった。

今回は、アートというものを続けていくことは本当に人とのつながりなのだと改めて感じることだらけです。

まだまだ滞在しまーす。
展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0 |

LA 展示・プレゼン滞在記3日目

振り返り滞在日誌の3日目です。 実際には2月2日のこととなります。


本日もLAは晴れ…冬?とのことですが、最高気温28度です。

アートレイツさんからの案内人の、ご自身も作家の方がいろいろと連れて行ってくださいました。

taizai3-1.jpg

taizai3-2.jpg

taizai3-3.jpg

まずは、その方もサポートとして働いてらっしゃるという『JASON VASS Gallery』へ。奥には知人の立体作家の広大なスタジオもあり、規模のすごさを垣間見ることができました。オーナーさんにも会わしていただき、かなり濃厚なプレゼンができたと思います。(今回はプレゼンできたところにはポートフォリオをカタログと一緒に渡しています)

taizai3-4.jpg

その他にも案内の方に若い世代の活躍しているgalleryへと…ポップカルチャーよりですが今のLAの現代アート事情を少しは見ることができたのではないかなと思います。

taizai3-7.jpg

お昼は野菜プレートがとてつもなくうまいおすすめのお店へ連れて行ってもらいました。
それから、リトルオオサカと呼ばれていたゾーン(なぜに?リトルトーキョーに対抗してか)ではダイソーjapanを発見、くら寿司も。

taizai3-5.jpg

taizai3-6.jpg

締めくくりとしてサンタモニカのベルガモットステーションのそばにある2525Michigan Aveと呼ばれるギャラリーの集合地帯へ。十数件のこれまた規模のでっかいスペースのギャラリーだらけで圧倒されました。
その一つ『bG Gallery』のオーナーさんにはお会いできました。

結構友好的なギャラリストの方々と出会えたのがとてもうれしかった!!

作品に興味持ってくれればいいなー!!

しかし、今日は日差しが強すぎて目が焼けそうでしたわ。



展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>