FC2ブログ

STUDIO BAU 研究日誌

現代美術作家、上根拓馬のBLOGです。 制作日誌や展覧会情報などをUPしていきます。

7月展示最後の準備

2014-893.gif

展示最後のワンピースとして、展示台にテキスト(今回は題名)のカッティングシールを貼りこんでいます。

この作業が最近展覧会の最後の恒例となってきておりますが…

パシッと決まると気持ちがいいです。

どんな具合かは、会場で見てみてください!

http://www.silkland.co.jp/
スポンサーサイト



制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

梅雨で完成!!

2014-892.gif

6月終盤に差し掛かってきました。

7月からの展示の本体がやっと完成しました。

ギリギリで形にまとまったかなー…という感じですがさらに付属品、展示台も含めて最後の追い込みに入っていきます。

天獣…獣の形を彫りだしていくのは新しい感覚でとてもエキサイティングでした。

後は付属品でキマッテくれればいいのですが。


制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

夏の展示にむけて…。

2014-889.gif

夏のグループショウの期日がだんだんと近づいてきております…。

作品群の制作大詰めに入ってきておりますが、まだまだやることてんこ盛りです。

パーツをステインで塗装中。

2014-890.gif

今回の作品の肝としては、標本ケースごと作品に昇華してしまうというのを目標としています。

九州で作ってもらったでっかいガラスドームに作品を封印するのですが、まだまだ調整中です。

雑に入れると窮屈で立体を殺してしまいそうなため、なかなかに難しい…。

うーむ、まだまだ考えないトナー…(言ってるヒマないですが…)。

2014-891.gif

立体のほうも数点出すのですが、まだ最終段階まで到達しておらず…。

できているのは獅子だけですが、新シリーズである天獣シリーズ…なかなかに気持ちのいい仕上がりになってきております。

すべてそろうのが待ち遠しい気持ちになっとります。


制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12ガーディアンズ , the Devas 水天

2014-886.gif

12天をモチーフとしたシリーズ『12 Guardians , the Devas 』

12天の中から、特にエレメントに近い仏像をセレクトしました。

2014-887.gif

12ガーディアンズ , the Devas 水天
2019年
21cm×21cm×37cm
エポキシ樹脂,レジンキャスト, FRP樹脂,金属,ガラス

2014-888.gif

12ガーディアンズ , the Devas 水天
2019年
21cm×30cm
ペン、方眼紙


制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

LACMA コレクションへ…

LACMA(ロサンゼルス カウンティ ミュージアム)より連絡があり、正式に作品がコレクションに加わりました。

Japan Foundation LAでの展示からの流れで、貸し出し扱いになっていたのですが今回買い取り・コレクション入りとなりました。

2014-884.gif

8 Gardiens, the Vidya ver.2017 Trailokyavijaya
2017
7in×7in×13.7in
Epoxy resin , Resin casting , Resin plaster , Metal

8 ガーディアンズ , the Vidya ver.2017 降三世明王
2017年
20cm×20cm×35cm
エポキシ樹脂 , レジンキャスト , 樹脂硬膏 , 金属

2014-885.gif

8 Gardiens, Drawing No. 2 Trailokyavijaya
2017
12in×17in
Pen , Graph paper

8 ガーディアンズ , ドローイング No.2 降三世明王
2017年
30cm×43cm
ペン , 方眼紙

2014-883.gif

Drawing Trailokyavijaya
2017
8in×12in
Pen , Graph paper

降三世明王
2017年
20cm×30cm
ペン , 方眼紙


最終的なやり取りは間に入っていただいているキュレーターの方としていきます。

約2年間に及ぶLAでの活動が、とてもいい形でひと段落をむかえたと思います。

作品の性質上、やはり国内よりも海外のほうが興味を持っていただける方が多いのだなと改めて感じました。

これからは、LACMAで展示していただける機会があるというのが個人的にとても嬉しいことです。

いずれまた、作品に会いに行きたいと思います。


LACMA https://www.lacma.org/


展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12 Guardians , the Devas 火天

2014-880.gif

12天をモチーフとしたシリーズ『12 Guardians , the Devas 』

12天の中から、特にエレメントに近い仏像をセレクトしました。

2014-881.gif

12 Guardians , the Devas 火天
2019年
21cm×21cm×37cm
エポキシ樹脂,レジンキャスト, FRP樹脂,金属,ガラス

2014-882.gif

12 Guardians , the Devas 火天
2019年
21cm×30cm
ペン、方眼紙



制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12 Guardians , the Devas 閻魔天

2014-877.gif

12天をモチーフとしたシリーズ『12 Guardians , the Devas 』

12天は火や風などなどエレメントに関わるバックグラウンドをもつ仏像たちです。

VOLTA用に今回は、その中から5体を制作しました。

2014-878.gif

12 Guardians , the Devas 閻魔天
2019年
21cm×21cm×37cm
エポキシ樹脂,レジンキャスト, FRP樹脂,金属,ガラス

2014-879.gif

12 Guardians , the Devas 閻魔天
2019年
21cm×30cm
ペン、方眼紙



制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

天獣…新シリーズ始動。

VOLTAの納品完了しましたが、急遽1点作品制作に入っています。

夏グループショウの作品、パンフ用写真を取れるレベルまで今月中に進めます。

2014-876.gif

やろうやろうとなかなかできていなかったシリーズを進めています。
神戸アートフェアの時に制作した天獣(神格化された、霊獣・神獣・瑞獣・貴獣を主題としたシリーズ)の新しい作品です。

実際は夏までに数点制作する予定ですがまずは1つ…。

狛犬(吽形)と獅子(阿形)の対のコンセプトで、これは獅子(阿形)になる予定。

今回は実験的にケースに封印してみようと考えております(ばかでかいガラスドームが手に入りました…)

制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

梱包完了!

Art Basel VOLTAの作品の梱包ができました。(箱完全自作のため、3日間もかかってしまった…)

明日ギャラリーさんに搬入しまっせー。

うーむ、結構な物量になりました。

今月末にはスイスに飛んでくようです。

2014-875.gif

アートフェア・フィリピンでの梱包をさらに進化させてみました。

柔軟かつ対衝撃仕様で今のところ自分にできる梱包の限界点です。

まあ、今回はあとはギャラリーさんがやってくださるので少し安心感はありますが迷惑にならない程度の完璧さはほしいところです。

新作たちのため今回はかなりの強度重視で制作しました。

さてさてどうなりますか…。

無事に行ってくれー…。

がんばれ!!作品達!


制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

東京造形大学 絵画専攻案内

現在、東京造形大学の絵画科の教員である知り合いの宮崎勇次郎さんから依頼がありました。

2019年度版の大学専攻案内に作家としての近況についてテキストと画像をのっけるというものです。

2014-873.gif

考えてみれば、卒業してから17年も経っていたのかと改めてびっくりですが…。

2014-874.gif

画像ではテキストほぼ読めないですが、なんかの機会に手にしたら読んでみてください。

事前に前回の資料も見せてもらっていたのですが、卒業後作家になっている方々のカテゴリーといいますか本当にさまざまで面白いなーと感じました。(どちらかといえばあんまし純粋なペインターいないのでは…)

これから美大を目指すティーンエイジャーに目標としてもらえたらとても嬉しいなと感じるほっこりとした依頼でした。

うーん、ちょいと気合をいただきましたのでさらにがんばっていきたいと思います。


制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Citizen Art Shanghai 2019

2014-871.gif

中国,上海でお世話になっているShun Art Galleryさんが、上海の『Citizen Art Shanghai 2019』というホテルで行われる形式のアートフェアに参加されるようです。

僕の作品も出品していただけるようで、連絡がありました。

上海のいろんな人に見ていただけると嬉しい限りです。

2014-872.gif

Citizen Art Shanghai 2019
Booth: D317

VIP Preview
2019.5.10(Fri.) 11:00-17:00
Opening
2019.5.11(Sat.)11:00-12:00
Public day
2019.5.11(Sat.)11:00-20:00
2019.5.12(Sun.)11:00-20:00

Address: Twelve at Hengshan, a Luxury Collection Hotel, Shanghai. (No.12, Hengshan Road, Xuhui, Shanghai)
Metro: Hengshan Rd Station, Exit 3, Line 1

http://www.citizenartshanghai.com/



展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0 |

GWも楽しい制作の日々…

GWも真っ只中ですが、制作に明け暮れております…(ついでに、仕事も…ホンマに休みないなー…)

2014-869.gif

アートフェアの納品締め切りが近づいてきておりますが、ほぼ作品完成しました。

組み立て待ちの中立体に入れる骨格彫りこみと骨の質感化加工終了した獅子です。

やはり、四天王には獅子でしょう!!

2014-870.gif

ドローイング用の額もいつものことながら自作です。

ナラ材にオイル加工している最中です。

少し、こだわりの額なのです!!

GW終了とともに完全完成かなー…。

後は、ドキドキの撮影と梱包ですな!!


制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

持物 2019 四天王

そろそろ、アートフェア用の制作も後半戦になってまいりました。

2014-868.gif

久しぶりにお願いしておいた、装飾品である持物の武具が出来上がってまいりました。

安心してお願いできる彫金アーティストのToneri様の制作です。

近未来の持物という毎回のことながらザラっとした依頼にすばらしいセンスで答えてくれます。

真鍮は経年変化でより魅力が増すので、とても好きなメタルなのです。

四天王の持物は破壊神だけあってなかなかの凶悪さなのですが、うまいことシャープにまとめてくれました。

まだまだ本体完成していないのでなんですが、いい雰囲気になると思います。

さあ、追い込みがんばりましょう!!


制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Akutsu Gallery さんに作家紹介を…

2014-867.gif

あるコレクターの方を通じてご縁がある群馬の現代美術系のギャラリーさんです。

少しご無沙汰だったのですが、このたびサイトをリニューアルされるついでに作家紹介として載せていただいております。

群馬に行った際には、このギャラリーさんとハラ ミュージアム アーク(近々、名称が原美術館 ARCと変更されるようです…)、その前にある伊香保グリーン牧場(牧場ソフトクリームを食べるのが目的)へ行くのがデフォルトでした。

中々に面白い作家さん(ブレイク前夜作家も含めて)たちがいるギャラリーなのだと改めて知りました。

近くにはアーツ前橋や高崎市美術館(結構若手の取り上げをしている)、群馬青年ビエンナーレも行われている群馬県立近代美術館などもありアート熱も結構高い場所です。

県の正反対で少し遠いですが、群馬県立館林美術館は大好きな美術館です。

最近群馬にあまり関わりがなかっただけに、嬉しいお話でした。

Akutsu Gallery : https://akutsu-gallery.com/


制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

四月心機一転、アートフェアのための制作

Art Basel VOLTAに参加のため制作。

お話をいただいてから数ヶ月…正式にギャラリーさんから参加決まりましたとの連絡をもらいました。

スイスかー、Basel楽しそうだなー。(まず、作品完成させないと…。)

2014-866.gif

少しづつ進めていた制作を急ピッチでの制作に切り替えます。

プレスリリースの関係でもう一つ夏の展示の作品群も同時制作です。

写真は中立体、全長80cmほどの立体です。(シンメトリに並べとりますが、実際はばらばらの展示なので並んでは見れまへん…)

中立体は、四天王立像より二天王(2体づつ分けて表現する場合もあるようですので…)

下半身のフォルムとシルエット今回はめちゃくちゃ苦労しました…完全にリニューアルしたため一からの原型制作となりました。

一つはヨーロッパのため絶対に壊れないくらいの強度を持たせつつも繊細なシルエットを保たせるのが難しい…。

中立体は、最高級クラスのFRP樹脂を使っております…なんとまったく臭いません、そしてべとつかず乾燥も爆速なため非常に使い勝手がよい。(ただ、お値段が若干引きますが…)

猶予今月いっぱいもらえたので、まだまだですが楽しみながら制作していきます。


制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>