STUDIO BAU 研究日誌

現代美術作家、上根拓馬のBLOGです。 制作日誌や展覧会情報などをUPしていきます。

Angel wings …

天使の羽根…

2014-614.gif

デカフィギュア用のパーツとして制作してみました。

アクリル板をレーザーカッターで切断して組み立ててみたところです。

レーザーすごいなー…手では絶対にできない芸当です。

うつくしー…。





スポンサーサイト
制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

立った…!!

アァァァ…あっさりと立ちました。

2014-613.gif

制作中のデカフィギュアですが、下半身のパーツと足、胴体をとりあえず置いてみたらあっさりと直立しました。

心配していたバランスは問題ない感じです。さらにパーツで重量が増しても問題なさそう…。

自分の背を超えてしまいました…。

しかし、アトリエに人間と同じくらいの大きさのフィギュアが出現するとなんとも違和感があります…。



制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

表現における深さと品への考察

ある、コレクターの方から表現における深さと品についてご指摘を受けました。

自分自身も感じていたそこのところ、あいまいではありますが次回作品から考察していくべきだと考えています。

2014-612.gif

その一環として、以前まではよしとしていたチープさを見せる素材を少し見直す時期がきたのではないかと思います。

新しい段階へと作品を押し上げるため、キャストから違う素材に変えてみようと新素材で実験を始めました。

それが深さと品というものに直接結びつくものなのかはわかりませんが、重厚感というものに今回は焦点を当ててみようと思います。

ディテールアップとペインティングに関してもキャストでは少し難しい面があったため、いい機会ではあります…。

新素材で色々なパターンを制作していきたいと思います。



制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

シリーズ制作へ…

手足のパーツを急ピッチで制作中です。

2014-610.gif

つなげるためのジョイントギミックは後々するとして…失敗せずなんとか順調です。

こう見ると、質感がまさにパート・ド・ヴェールみたいになってきました。

2014-611.gif

同時に、いつものサイズのフィギュアシリーズをはじめていきたいと思います。

今回は少し数が必要なので、数パターンの基本構造を作り、型取り複製をしたいと思います。

なにぶん飛天のシリーズのためです…。

ちょっと平等院っとこうと思います…アァァァついに平家の本丸に突入です…。復活ですね…。…ん?

ちょいちょい進めていきます。




制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

どんどん…進ぬ○○少年…?

大学の仕事もスタートして、まさに混沌の様相を呈してきておりますが…

2014-608.gif

胴体部分の削りがほぼできたので、サーフェイサーを塗りこんで寝かせます…。

2014-609.gif

急いで、足の制作にはいります。

やはり無垢のシリコン立方体で型を取るのはもったいないので、胴体と同じくシリコン&FRPジャケットでいきたいと思います。

だいぶシステマチックに手馴れてきましたね…。

どんどん進んでいきましょう!!






制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

結合化!!

前面と後面を結合させました。

2014-607.gif

やはり、目分量で制作したためかなりのずれが生じました。

樹脂埋めと削りで調整しましたが、想像以上に時間がかかっています…。

うーん、ちょっと進みがあれだなー…。

そろそろ、シリーズフィギュアのほうも取り掛からないといけません、時間のやりくりが難しい。



制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

プラモタイム…秋

久々に…プラモデルをば…

ちょっとロボットの腰から足にかけての構造を作品に生かすための勉強…

いや、だだ作りたかっただけかな…

2014-605.gif

C-3POはやはり美しい…

2014-606.gif

メトロポリスから受け継がれるハリウッドにおけるロボット、アンドロイドかな?の系譜…

素直にいいなー…。

そしてここまで再現しているバンダイの原型師さんたちの力量がすごい…勉強になります。



制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |