STUDIO BAU 研究日誌

現代美術作家、上根拓馬のBLOGです。 制作日誌や展覧会情報などをUPしていきます。

国立科学博物館

8f5d6d2d.gif

今日は今回の展示の参考になればと思い前々から行ってみたかった国立科学博物館へ行ってみた。リニューアルされたとは聞いていたがなかなか行く機会がなかったので気合を入れて行ってきました。いやー、とんでもなく面白くて気が付けば3時間もうろうろしてしまいました。展示・陳列がとてもきれいでかっこよくて、とても参考になりました。子供だけでなく大人でも十分に見ごたえがあり、貴重な標本等もたくさん見れました。体験型(いろいろ標本自体を触触れたり、ハイテクなタッチパネル解説など・・)になっており、触覚でも自然科学に触れられるようなつくりになっており、退屈な普通の博物館とは天地の差だった。


ナスカ展も見ることができました。結構面白くてミイラや土器、地上絵についてもいろいろと見れて楽しかったです。うーんどうしてもミイラのレントゲン写真やミイラそのものに惹かれてしまうなー。もう、病気だな・・・。しかし、平日だというのにとんでもなく混んでいた。おっさんやおばはん、あと修学旅行生で埋まっていた。僕も負けじと体をねじ込んで前へ前へと突き進んで見てきました。(疲れるっちゅうに・・・)上空からの地上絵の映像はとても壮大で面白かった。いったい何考えてあんなものを作ったんだろう?うーんロマンだなー。(僕としては宇宙人説を信じたいなー。)


すこし視点を大きく持とうという気分にしてくれる展覧会でした。

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<わらわらと・・ | ホーム | プリチーなお尻>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |