STUDIO BAU 研究日誌

現代美術作家、上根拓馬のBLOGです。 制作日誌や展覧会情報などをUPしていきます。

トランスフォーム!!

3fc57ca0.gif



観てきました!!「トランスフォーマー」
十数年前にテレビでやっていたアニメ(作ったのは日本)の映画版です。
監督はマイケル・ベイ(アルマゲドン撮ったひと)・・プロデュースはもちろんスピルバーグです。
ストーリー的にはかなりオリジナルに近いのではないかと思った。
とにかく、スピードが速い・・・速すぎる・・・!!
おじいちゃんとかは目がついていけないのではないかと思ったくらいだ。
CGはもう、圧倒的で・・・これは絶対に巨大スクリーンでないと面白くない。
懐かしいネーミング(デストロンやメガトロンなどなど・・)がでてきて少し昔を思い出してうおー・・・となってしまった。
コンボイがアメリカ名のオプティマス・プライムとなっていたが(呼びにくい・・・)
変形のシーンはとてつもなくかっちょいい・・・かなり細部まで作りこまれていた。
「トランスフォーム!!」と叫ばないところはすこしさみしかった。
主人公のシア・ラブーフがかなりいい味を出していた(へたれっぷりがかなりいい・・次回作のインディ・ジョーンズ4ではどんな役をするのか楽しみだな)。
おとんとおかんの話術もかなり笑わしてくれてよかった(エンドロール途中途中に出てくる二人が最高におもろい)。
なんとなくロボットSF映画と人間だけの映画(ものすごい台詞の掛け合いでこのテンションだけで別映画作れるのではないかな)と2つの映画を観ているような感覚もあった。
ロボの表情までも作りこまれているのにはびっくりした。
主人公が乗る車のロボ(ラチェット)の表情がよかったな。
案の定、次回作を匂わす終わり方にはふぅー・・・となったが、やはりこの映画はいい。
絶対に映画館で見るべきである(確実に女の子は引くけどね・・・)。

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<人形浄瑠璃 | ホーム | Ma.k.シリーズ JERRY>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |