STUDIO BAU 研究日誌

現代美術作家、上根拓馬のBLOGです。 制作日誌や展覧会情報などをUPしていきます。

食す・・・ハッチン

647bbfe4.gif

そういえばこの前、仕事場で虫を食べてみようのノリのもと食べてみました。
ちょい前にも食べたのですが、ハチの幼虫を巣からほじくり出して食べるというものです。(なにもむやみに殺すわけではなく、仕事場で建物に作られてしまった蜂の巣をただ撤去するだけでは命に対して失礼なので・・・じゃあ食ってしまえば栄養にもなるし・・・というエココンセプトがあります。)
今回の蜂の巣は真っ黄色でした・・・なぜこんなに鮮やかな色に・・・。
まず、巣を叩き落とし追ってくる親蜂から必死に逃げます。(うーんモンスターハンター!!薬剤使うと食べれないからねっ。)
そして巣から幼虫をほじくりだします(この時点で仕事場の仲間はみんな引きます・・・。)
ウニョウニョ這い回る幼虫は長時間眺めていると、食べる気がなくなるので思い切ってつかんで口に入れます。
飲み込むのは簡単なので味わうために噛む・・噛む・・噛む・・。
なかなか破れない薄いゴムみたいで力を入れるとグチュッとなかから体液が飛び出します(この感触はキモイ・・の一言です。)
今回の蜂はいろいろ調べてみた結果キイロアシナガバチだと思う。
味はほぼしない・・・すこし青臭いかな・・・
5人で回し食いをしました(一匹いくとなんとなく次もいけるようになります・・・不思議と。)
前回もアシナガバチで、味は似たようなものでした。

甘いといわれるミツバチの幼虫を食べてみたいナー。
ハマッてるのか・・・おいっ!!

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<寄生虫の館へ・・・ | ホーム | ワンフェス2008へ・・・>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |