STUDIO BAU 研究日誌

現代美術作家、上根拓馬のBLOGです。 制作日誌や展覧会情報などをUPしていきます。

秋の映画ロードショー「スパイダーウィックの謎」

39679e8b.jpg

秋の映画ロードショー3つ目は「スパイダーウィックの謎」です。
これは2008年に公開されたものです。
内容としては、まあ、ファンタジーもので妖精がらみの話になります。
原作は『スパイダーウィック家の謎』という児童書になります。
予告編などではかなり期待していたのですが、思ったよりも普通でした。
妖精に関わる大変なことが書かれている本をめぐる話なのですが、肝心のその大変なことの説明があまりにも雑で最後まであいまいな状態でした。
オープニングがかなりカッコいい分、失速感がいなめませんな。
俳優はフレディ・ハイモア・・そう「チャーリーとチョコレイト工場」で話題になった子役です。
今回は双子の兄弟を一人二役で演じていますが、はたしてストーリー上双子というコンセプトが必要だったかは謎です。(原作の関係で必要なのだろうが、一人でいいだろという感じです)
まあ、最近児童小説を映画化するのが非常に多いですがそれに便乗した割に普通だったかなというのが感想ですかね。

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<秋の映画ロードショー「ミュータント・タートルズ -TMNT-」 | ホーム | 秋の映画ロードショー「ミスト」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |