STUDIO BAU 研究日誌

現代美術作家、上根拓馬のBLOGです。 制作日誌や展覧会情報などをUPしていきます。

キノコな秋・・・

719ae735.gif

今日は仕事場の仲間達とキノコ狩りに出かけてきました。
秋のシーズンということもあり期待度満点です。
初めてなので、詳しい人と一緒です・・(毒キノコ食ったら大惨事だからねー)
山に入って歩くこと3時間いろいろなキノコが生えとりました。
やばそうなのから食えるものまで・・・・。
食べれそうなものはサクラシメジやウラベニタケとからしく(このシーズン・・ココで・・)それを重点的に探しました。
ウラベニはあほほど生えておりまさに採り放題でした。(似たものでイッポンシメジとかいうのがあるらしくそれではないかとドキドキものです・・・ちなみにそれはおもっきり毒です)
白いのもいっぱい生えていましたが、白いのはやばいのが多いと言われたので採るのをやめときました(錯乱とか下痢ピーはやだからねー・・)
途中、オオスズメバチに襲撃され一人刺されて病院送りになりましたけどねー。
アップダウンの激しい山を歩くのは大変でしたが、すがすがしくいい気持ちになりました。(日頃運動不足なもので・・・)
山から下りて早速鑑定会をして食えるのとやばいのとを選別しました。
適当に取っていたのでやばめなのも結構ありました(猛毒のもあったし・・)
大丈夫そうなのを料理をしてもらい食べました。
いやー自分で採ってきたのを食べるとまた格別ですなー。
でもちっと食べ過ぎたので当分はいいですが・・・。


個人的にカエンタケを探していたのですが見つかりませんでした。
これは最強の毒キノコです・・・食べると・・・内蔵と脳みそやられて顔の皮がはがれて30分で死ぬらしい・・・こわっ!!

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<インビジブル標本 | ホーム | 秋の映画ロードショー「NEXT」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |