STUDIO BAU 研究日誌

現代美術作家、上根拓馬のBLOGです。 制作日誌や展覧会情報などをUPしていきます。

サイモン・シン『宇宙創成』

fcd5c103.jpg

 


ばたばたと忙しい夏ですが、いろいろと読みたい本もたまっていました。
次回の作品のヒントにもなるかもと思い、たまたま買ってハマッてしまった本があります。
サイモン・シン著『宇宙創成』上下巻です。
別に宗教の本ではなく、天文学の古代からの奮闘を描いた科学ノンフィクションです。
古代の天地創造の考えから、今現在最も有力とされているビックバン理論までの気が遠くなる様な科学者の闘いのお話です。
前半は宗教と科学の壮絶な戦いが描かれます。(昔はなんて視野の狭い人々が多かったのだろうとびっくりしてしまいますね・・・宗教観に真っ向から戦いを挑んだ人々の屍の山はすごいものです)
後半は時代時代で次々に塗り替えられていく宇宙モデルのお話です。(ここにもニュージェネレーションと前時代の天文学者との陰険な戦いが壮大に語られていきます・・・)
いつの時代も新しい芽は踏み潰されるのを繰り返されますが、やがて成長し古いものを飲み込み一つの時代へとなっていきます。
面白いくらいに繰り返される世代交代はドラマチックでエネルギーに満ちています。
そんなエネルギーやドラマチックさをテンポのよい文章で構成しており一気に読んでしまいました。
少し歴史も把握しておかなければ意味がわからなくなりますが、とても興味深い本です。

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<サイモン・シン『暗号解読』 | ホーム | マケット・・プロトタイプ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |