STUDIO BAU 研究日誌

現代美術作家、上根拓馬のBLOGです。 制作日誌や展覧会情報などをUPしていきます。

LEE BUL展

lee bul

今日は久々に展覧会を見に行くということで行ってきました。

2月4日から森美術館で行われている『イ・ブル展:私からあなたへ、私たちだけに』を見るため六本木ヒルズへ。

チョコチョコとは作品を見ておりましたが、大規模に見れるのは今回が初めてですかね。

韓国の女性作家さんで結構若いです。(最近の森美術館では若いパワフルな作家さんをすることが多いため、こちらもテンションが上がります。)

最初はパフォーマーだったのは知りませんでした。

そこで使っていた衣装からだんだんと彫刻へと移行していく様子は大変興味深い。

やはりと思ったが、ずいぶん押井守の攻殻機動隊からも影響を受けているようでその片鱗というかいろいろと連想させます。

シルエットはやはり女性というかラインがなまめかしい…。

その中から生まれる女性的思考のアンドロイド的デザインは大変新鮮で、興味深いものでした。

作家の思考性を垣間見ることができる、自身のスタジオを持ってきたかのような空間がとても面白かった。

そこから生まれた『秘密を共有するもの』という作品がとてもイマジネーションをかきたてられました。

近年の作品はずいぶん建築的要素が強いようでしたがそっちへと移行していくのかなー。

いやー、とても美しかった。
スポンサーサイト

展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<JEAN-MICHEL OTHONIEL : MY WAY展 | ホーム | ボーンコレクトno.7>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |