STUDIO BAU 研究日誌

現代美術作家、上根拓馬のBLOGです。 制作日誌や展覧会情報などをUPしていきます。

Mac Windows 制作3

いよいよ大詰めです…。
残りのパーツも組み込んでいきましょう。

28記憶ディスク1

ある意味最も重要なパーツでもある記憶装置です。
Cドライブ(OSを入れるための場所)用に記憶装置を選んでみました。
最初は2.5インチのHDDを組み込んだのですがなぜかいきなりクラッシュしてお亡くなりになったので別のものをと考えました。
静音かつ爆速を目指すと考えるとSSDを使ってみたいということで、導入してみました。
ネームバリューかつ安心感ということでintel 330 Series SSDSC2CT180A3K5 180GBにしてみました。
SATA接続でマザーボードに取り付けていきます。

30記憶ディスク3

OSとソフトウェアープログラムはSSDでいいとしていろんなデータを入れるための記憶装置もほしいところです。
ただこのマザーボードではSATAコネクタがSSDとDVDドライブでいっぱいになってしまったので他の方法にするしかありません。
幸いUSBコネクタは空いているのでUSBインターフェイスのHDDを探しました。
別にデザインはいいと思ったのですが、やはりどこまでもMAC的なデザインで攻めてみようと思いいいのを見つけました。G-DRIVE mini 1TBの外付けHDDです。
SSDの重ねるためのジョイントパーツに恐ろしいくらいぴったりはまりました。
1TB=1000GBもあるので何でも入ります。

31スピーカー1

後は音をどうするかです純正では本体の下に専用のスピーカーが取り付けてありました。
同じ場所に取り付けるスピーカーは見つからなかったのでUSB接続の細いスピーカーにしました。
Logicool Laptop Speaker Z205を見つけました。
これならばUSBバスパワーなので電源要りません…取り付ける場所も本体の上部に変更しました。
ちょっと音はこもり気味になりますがよしとしましょう。

32スピーカー2

これで内部に入れるパーツはすべて入れました。
まだ隙間があるので将来的に色々と遊べそうです。
もはや原形ないほどに改造できました…やればできるものです。

33バックIO部分1

本体の裏、マザーボードの背面カバーをどうするかです。
純正のボードとコネクタ部の構成がまったく違うので元のカバーは使えません。
あけとくわけにもいきません。

34バックIO部分2

そこで元のカバーの真ん中をぶち抜いて、新しいマザーボードについてきていたボードカバーを接着して塗装しなおしました。
これで隙間のない完璧カバーの出来上がりです。
ぴったりはまると気持ちがいいです。
おまけで足の部分に振動防止のインシュレーターを貼り付けときました。

35LED部分3

最後のギミックとしてフロントカバーの下のロゴの部分にUSBコネクタを付けておきました。
ロゴのカバーを取り外すと現れるようにしています。
データ転送する際に使いやすいと思います。

36フロントDVD2

ちょっと動作確認をしておきましょう。
DVDドライブからボタンが連動してディスクが排出されるかです。
ポチッと押すとシュインとディスクが出てきました…気持ちいいくらいスムーズです。
パワーボタン・リセットボタンともに正常に連動しました。
パワーランプのホワイトLEDも美しく点灯しています。

38完成4

完成です。
オリジナルの写真と比べてディスプレイが大きくなってはいますが、違和感のない仕上がりになりました。
Windows7を入れてみて、解像度の縦が少し狭いかなと思いますが、アトリエでWEB検索や音楽を聴くには問題なしです。ちとシャレでOld Macの壁紙を作って入れときました…一瞬MacなのですがすべてWindowsというおかしなマシンができました。
目標どおり、静音で気持ち悪いくらいまったく音がしません…立ち上げスピードもSSDの威力はすごくびっくりするくらいの早さです。
大変でしたが、こうもぴったりはまると清々しい気分です。
アトリエに新しい仲間が増えました、こま犬みたいでかわいらしいです。
愛着わきますなー!!



隣においてあるマウスはオークションで落とした初期Mac角マウスです、これもいずれ中を改造してBluetoothマウスにする予定です。
スポンサーサイト

MacWin | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<初積雪ですな。 | ホーム | Mac Windows 制作2>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |