STUDIO BAU 研究日誌

現代美術作家、上根拓馬のBLOGです。 制作日誌や展覧会情報などをUPしていきます。

0dB自作PCを作ってみよう!!

ホームサーバーメインのPCの音が作業していると意外と気になるということで、音の発生源であるCPUファンと電源部分をリニューアルしたいと思います。

メインマシンは自作PCですが4年ほど経ち、ファンなど消耗部品が劣化してきており振動と音が結構気になるレベルになってきました(共鳴すると結構すごい音になってきます。)

そこで、0dBを目指す設定にしていこうと思い立ちました。

ファンレスの機器もいいのが結構出始めているので早速調べて買ってみました。

oldEPS

電源部分ですが、ファンレスのものというとワット数が足りていないものばかりでしたがセンチュリー スーパーフラワーから良いのがでていました。
SF-500P14FGという型番です。
80PLUS PLATINUM認証(ブロンズ・シルバー・ゴールド・プラチナとありますがランクが上になるほど電流供給の効率がよく性能がよくなります)でファンレスという、しかも500W(500あれば大抵のグラフィックボードやマザーボードがまかなえます)でファンレスというもので即買いです。
取り付けてみるとなるほど音がまったくしません…すごい!!
あとは夏場にオーバーヒートしないかが気になりますが、PC立ち上げてもまったく違和感のないスムースな感じなので大満足ですね。

oldfan

さて、最大の音の原因であったCPUファンですが、いいのはないものかとずっと探していました。
これは、引退していただくThermaltakeのファンです。
静穏タイプなのですが、やはり共鳴すると結構気になる音でした。

newfan1

ファンレスのCPUファンはあまりないのですが、ZALMANからすごいのが新発売されました。(まだ、海外から来たばかりなので店頭にはありません、半海外取り寄せという形でした)
ZALMAN ULTIMATE FANLESS CPU COOLER FX100 ハイエンド ファンレスCPUクーラー FN662 FX100というものです。

newfan2

ファンレスタイプは往々にしてそうなのですが、でかいです。
おそらくフルタワーかそれ並みのミドルタワーのPCケースでないと取り付け不可能です。
このタイプはギリでグラフィックボードをさすコネクタに干渉しません…それでもギリギリです。
取り付けが結構複雑で、少々手がとどかないところもあり一苦労しました…。

newfan3

取り付け部分のアップですが、メモリの部分にまでかぶってしまいました。
ヒートシンクのついたメモリはおそらく干渉します。
うちのメモリもヒートシンク付きですが、奇跡的にうまいことヒートシンクの隙間とCPUファンの隙間が合わさってくれました。

さて、組み終わってドキドキしながらPCを立ち上げてみるとHDDから少し音がしますが、それ以外は音が消えました。
フルタワーのPCケースというごついものから音がほぼしないのは逆に気味が悪いくらいです。
相当近づかないと起動しているのに気が付かないレベルです。
すげー…共鳴音がなくなりました。
後はHDDをSSDにでも変えれば完全0dBのPCができそうですね。(SSDはまだまだ高価なので先の話ですが…)

これでPC作業もストレスなく出来そうです。
スポンサーサイト

趣味 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<GOLDEN☆ブッダへと… | ホーム | EVOlutionをいたわって…>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |