STUDIO BAU 研究日誌

現代美術作家、上根拓馬のBLOGです。 制作日誌や展覧会情報などをUPしていきます。

テクスチャー表現・試行錯誤

myouou1

もうひとつの進行中の『明王シリーズ』です。
7月の展覧会に出すのかははっきりとは決めていませんが進めていきます。
このシリーズは文献上、上半身にそれほどの動きや流れがない分足元のテクスチャーにいろいろな実験を施していこうと思い制作中です。
まだポージングが完全に決まっていないため4分割のパーツに分かれます。

jyaki1

足元のテクスチャーに関してですが、明王の系列は基本的に邪鬼の類を圧倒するため過酷なシチュエーションにおいて憤怒というか威圧的に存在しています。
そこでテクスチャーを地獄というか苛酷な環境におけるテクスチャーを研究しながら試行錯誤しています。
溶けた大地や細胞を表現するために樹脂を加工しています。
こいつに関しては踏み潰されている邪鬼もついでに作っときました。
塗装はまだ下地のための数工程が残っていますがテクスチャー的にはグロい感じでとろけています。

すこしづつしか進みませんなー…。



スポンサーサイト

制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<- 画廊からの発言 - 新世代への視点2013 | ホーム | テクスチャー塗装>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |