STUDIO BAU 研究日誌

現代美術作家、上根拓馬のBLOGです。 制作日誌や展覧会情報などをUPしていきます。

Glass drawing experimentation

glass001

展覧会の最後のピースを作ります。

ほぼ実験作品にはなりますが、久々にglass drawing(造語)の作品です。

今回はより実験性をもたすために立体的平面構造のベース…つまり重ねて立体化させたglassですが、そこに段階的構造で処理を施して平面を立体化させます。

今までglass drawingは骨格構造体ばかりでしたが、仏像フィギュアの形態を用いてみます。

最終処理を施すまでどうなるかわかりませんが、面白いことができそうな予感がします。



しかし、トンボをきって重ね具合を微調整していく制作方向はまんまシルクスクリーン的であります。

ここにきて版画に原点回帰となるのかな?

glass printという名称にしてもいいのかもなー…。


スポンサーサイト

制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Glass drawing experimentation 2 | ホーム | 冶具じぐじぐ…>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |