STUDIO BAU 研究日誌

現代美術作家、上根拓馬のBLOGです。 制作日誌や展覧会情報などをUPしていきます。

工藤哲巳回顧展…

今回の関西行きのもうひとつの目的のところ…大阪中ノ島の国立国際美術館『あなたの肖像―工藤哲巳回顧展』を観にいって来ました。

kudo1

1960年代、反芸術の代表格とされる作家さんであり僕にとっては大阪出身の中では佐伯祐三につぐ偉大な作家であり続けています。

亡くなられた後、同じ国立国際美術館で行われた回顧展…1994年僕は高校になったばかりだったかな?
一人で初めてかもしれませんが展覧会を見に行ったような気がします。
こんな切り口があるのかと衝撃を受けた記憶があります。
それが美術をやってみたいと思った要因かもしれませんな…。
(当時はほとんど意味わかりませんでしたが、とにかくかっこいいと思ったことだけは覚えとります…)

kudo2

まさに今、工藤哲巳の危惧した世界が少し現実となってしまったことが悲しい限りです。
が、予知していたのかと思えるくらいの作品のメッセージが逆に新鮮でした。(今の時代には突き刺さるぜ!!)
だからこそ、今この人なんだろうなーと誰もいない会場で妙に納得してしまいました。

うーん、やはり今見てもかっこいい…そして少し意味が理解できた分、怖い作品でもあります。


工藤哲巳回顧展URL : http://www.tetsumi-kudo-ex.com/


スポンサーサイト

展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<I氏コレクション展 | ホーム | クヴィエタ・パツォウスカーとチェコの絵本展>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |