STUDIO BAU 研究日誌

現代美術作家、上根拓馬のBLOGです。 制作日誌や展覧会情報などをUPしていきます。

夏!!最後の…ハイテンション展示鑑賞旅

本日は夏最後のお出かけデーということで、どうしても見たかった展覧会へ行ってきました。

あいにくの天気ですが…まずは、群馬県館林市へ…2時間車で爆走です…。

2014-380.gif

群馬県立館林美術館で行われている『 夏休み!いきもの図鑑 』へ行ってきました。

この美術館はいつ来てもイイ…異様にただっぴろくてノンビリできます。

2014-384.gif

さまざまないきものを主題として制作している新旧の作家さんの作品を、あたかも自然史博物館のように展示するという意欲的な展示となっておりました。

博物館・図鑑好きの人にとっては涙ものの展示でした。

2014-385.gif

特に見たかった、そして衝撃的だったのは江本創さん(超リアル幻獣ペーパークラフト)と杉浦千里(図鑑用の超リアルイラスト)の作品でした。

他にも深堀隆介さんや新野洋さんなどの勢いのある若手作家さんの作品も見れます。

この手の作品はやはり本物を見ないとねー…。

今年の大学の講義もまじかに迫ってきており、学生さんに紹介したい作家さんだらけのため調査も含めての鑑賞でした。

2014-381.gif

朝一で出てきたため、思ったより早く館林に着きました。

そこで日帰りでどこまで行けるのか試したくなり、行ければ行きたいと思っていた場所へ…。

ついでというには遠すぎますが、軽井沢へまたまた3時間車で爆走です。

おおーっ軽井沢っぽいなー…さすが別荘地…走ってる車がどれもこれも高級車だー…。(形で負けてルー)

2014-382.gif

軽井沢ニューアートミュージアムへと行ってきました。

できて間もないミュージアムです…、ありがちな地方の微妙な観光っぽい企画しかしないミュージアムとは違いかなり攻めの企画を行っているのが好感が持てました。

でかくて、どんな展示にも耐えれるキャパを感じました。

『六つの個展』 草間弥生・サイトウマコト・千住博・奈良美智・舟越桂・井上有一が各ゾーンで個展形式の展示

『ジャン=ミシェル オトニエル 愛の遺伝子展』 フランスのガラス作家

2つの展示が行われておりました。(ギャラリースペースでは渡辺おさむさんの個展も行われています…)

2014-383.gif

『ジャン=ミシェル オトニエル 愛の遺伝子展』 を見たくて行ったようなものです。

昨年の原美術館での展示を見て以来、大ファンになってしまいました。(原ミュージアム・アーク 群馬にも作品ありますねー)

そうそう見に行けないのが残念ですが、現在進められているヴェルサイユ宮殿庭園のプロジェクトが気になります…。

とてもおもしろいミュージアムと企画でした。



群馬県立館林美術館URL : http://www.gmat.pref.gunma.jp/

軽井沢ニューアートミュージアムURL : http://knam.jp/



しかし、総距離250キロ超日帰りはさすがにちと、しんどかったー…。

へんなテンションになってまいましたー…。

夏のラストを飾るにふさわしい…、明日からは仕事・制作・大学準備などなどてんやわんやになりますなー…。

くーはー…。


スポンサーサイト

展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<活動に参加…NOW !! | ホーム | 後半戦、少しづつスタート!!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |