STUDIO BAU 研究日誌

現代美術作家、上根拓馬のBLOGです。 制作日誌や展覧会情報などをUPしていきます。

ぬめっとしながら…夏制作。

暑い暑い…ひたすらぬめっとした暑さのアトリエですが…

2014-719.gif

新作の中型フィギュア作品『聖天』がほぼ完成しました。(70cmくらいにまでなってしまいました…)

聖天の象らしさ…エッセンスをいろいろとちりばめてはいますが…いやはや。

この大きさ意外と手間取りました。(持物完成すれば持ちます…)

結構丁寧に彫りこまないと粗がやたら目立つのでひやひやモノですな。

夏展示のメイン画像(DM画像)には間に合いませんが、会場できっと怪しい存在感を放つでしょう…。

同時に旧作品群の手直しも進めています。

まだまだ、届いていないパーツ類が多々あるので8月一週目が勝負かなー…。


見に行っていないのでどんな感じだったのかはわかりませんが、Bunkamuraさんのほうで本日幕張メッセで行われたワンフェスにおいて仮DMが配られたそうです。(行きたかったなー…)



制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

じゃあもう作ろうということで…。

ドローイングを展示したいと思い、市販の額を探してみましたが安いものはろくなのがなく、いいやつも少しイメージが合いません。

じゃあもう作ろうということで…。

2014-715.gif

知り合いに無垢板の端材を大量にいただいていたので、それからできる限りの数を作ってみました。

木の表情が思ってた以上に美しく、ドローイングを入れてもいい感じなので塗装なしにしてみようかなと…。

A4がぎりの少し変則的な数値になっていますが、愛嬌ということで…。

自分の手間賃考えなければ、もらい物の材料ということで限りなくゼロに…

んー、なんだか気持ちがいい!!



制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

だいぶ、だいぶ…

夏の展示用(完全にはまだ告知できないのがもどかしいですが…)に準備を進めております。

2014-714.gif

新作の中くらいフィギュアが完成に近づいてきました。

60cm位のなかなかのサイズになってきました…何にも塗装していないので、うっすら半透明です。

あとは、腰布を作れば形は完成です。

2014-713.gif

今回はコックピットも少し大きくなるのでこだわってみようと思い、ヌメ革を張り込んでみました。

骨は彫りこんだ象の頭蓋骨です。

あぁぁぁぁ…やはり、本物の革…塗装するよりも美しいです。

真鍮と革等の素材を引き立たせるため、今回はあまり複雑な塗装はしないほうがいいかもしれませんね。



制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

夏個展にむけて始動…!!

一度は個展をやってみたかったギャラリーさんからの嬉しい逆指名…。

2014-712.gif

期間は来月とめちゃめちゃ急ですが、ここでの展示はいいモノにしたいなー…(展示ギャラリーは後日に…)
と早速ですが、制作スタートです。

デカフィギュアの、見せていなかったもう一体を完成させて展示する予定。

今年の夏もやはり制作にてんやわんやです…うーん夏はつぶれますがテンション上がりますなー。

ほぼ旧作品による構成にはなってしまいますが、何とか数点は新作をだしたいものです…。



制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |

音をなくす限界へ挑戦!!ミルミルミル…。

本来、釉薬を混ぜるためのミルポットマシーン…

うちのアトリエではガラスを砕いて粉状にするために使います。

2014-709.gif

これはほぼ完成の状態です。

吸音材にマシーンが包み込まれる感じです。
(なぜ機械というものは男心をかくもくすぐるのか…)

ちなみに自分が入って蓋をしてみると…無音の異世界になりました。
(閉所恐怖症のひとはだめですな…)

2014-708.gif


中古を購入しましたが、あまりの重さに何とかしようと少しづつトライしておりました。(とにかくシャフトが笑っちゃうくらいに重い…)

まずはフレームがスチールだったため軽量化のため木のベースに作り変えました。

シャフトはずれないように慎重に…ここまでは以前に終了しておりました。

2014-706.gif

ちと最近DIY熱が上がってきていたため、勢いで振動軽減と消音に向けてボックス作りです。

合板にスタイルフォームを挟み込みさらに合板でサンド。

2014-707.gif

その上に吸音材を張り込んでいきます。

最初の写真に戻りますが、内部にミルポットマシーンを設置しテスト…。

以前は、キンキンという高周波のためとてもじゃないが使えませんでした。

しかし、今回はかなりの音の封じ込めに成功している感じ。

使用としては一晩中回しっぱなしになるのですが、この音ならばほぼ気になりません。

あとは、振動吸収の足と蓋もさらに吸音加工し、スイッチ回りを調整すれば完全かな…。

しかし、箱とマシーンの重量はおそらく80kgほどかな…持てませんな…。

ああ…DIY楽しい…。


制作 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>